Taylor Swift x カタカナ母音:We Are Never Ever Getting Back Together

洋楽で英語学習したい人必見!

このブログでは、カタカナ母音を使って英語の発音を「カタカナで見える化」し紹介しています。今日はTaylor Swiftの「We Are Never Ever Getting Back Together」を取り上げました。
この曲は枚目のアルバム『Red』に収録されていて、同アルバムのリードシングル(最初のシングル)として2012年8月13日にリリースされた曲です。YouTubeの再生回数み6億回を超えていました(2020年3月26日時点)。テラスハウスの主題歌にもなっていたので、「この曲はTaylorの中でも好き!」という人も多いんじゃないでしょうか。

洋楽は英語の勉強にもなるので、聴いて歌って楽しく覚えたいという人は、今回の記事もぜひ活用してみてください。英語学習の動画を配信しているニック先生も「洋楽が好きな人は英語の発音が良い人が多い」と紹介していました。ニック先生が洋楽を紹介していた動画はこちらです。

それでは曲の解説、発音のポイント、カタカナ母音版の歌詞を紹介していきたいと思います。

カタカナ母音の歌詞

まずはカタカナ母音で発音を確認してみましょう。

f:id:yakatazushi:20200327151731p:plain

画像2画像3画像4画像5画像6

歌詞の解説・発音のポイント

[Verse 1]
I remember when we broke up the first time
Saying, "This is it, I've had enough," 'cause like
We hadn't seen each other in a month
When you said you needed "space" (what?)
Then you come around again and say
"Baby, I miss you and I swear I'm gonna change, trust me"
Remember how that lasted for a day?
I say, "I hate you," we break up, you call me, "I love you"
画像7表現
・broke up:(恋人と)別れた
・This is it:これで終わり
・need space:空間・スペースが必要。つまり距離を置きたい
・come around:ふらってやって来る。用もなく何回も、という感じです
・swear:誓う、約束する
・~ last for a day:~が一日間続く。
・Remember how that lasted for a day:thatはswearしたこと。直訳すると「swearしたことが一日(だけ)続いたときの感じ覚えてる?」となり、つまり「一日しかもたなかったよね」ということを言いたい
発音
・broke up:連結して/ brou_kʌp /
・first:tは脱落
・This is it, I've:itの t はフラップT音。thatの th は舌先が外に出ず歯の裏にタッチするだけの「省略th音」。4語が連結して/ ði_si_zi_daiv /
・had enough:連結して/ hæ_dənʌf /
・cause:とても短く/ kz /のように発音
・hadn't:tは脱落
・連結が続きます:①seen each / siː_niːtʃ /、②in a / i_nə /、③when you / we_njuː /、④said you / se_dʒuː /、⑤then you /ðe_njuː /
・come around again and:aroundの a はほぼ聞こえない。andのdも脱落。4語が滑らかに連結して/ kʌ_m_rau_dəgei_nən /
・you and I:youの/ uː /とandの/ ə /が続いて/ wə /のように聞こえています。連結して/ juː_wə_nai /
・swear I'm:I'mの/ a /前の音とくっ付いてはっきりとは聞こえません。連結して/ swe_ərim /
・trust:trは/ tr /というよりは/ tʃr /の音
・lasted:tは脱落
・連結が続きます:①for a / fɔː_rə /、②hate you /hei_tʃuː /、③break up / brei_kʌp /、④love you / lʌ_vjuː /
[Pre-Chorus 1]
Ooh-ooh-ooh-ooh-ooh
We called it off again last night, but
Ooh-ooh-ooh-ooh-ooh
This time, I'm telling you, I'm telling you
We are never ever getting back together-01 - コピー表現
・call ~ off:~を取りやめる
発音
・off again:連結して/ ɑ_fəgein /
[Chorus]
We are never, ever, ever getting back together
We are never, ever, ever getting back together
You go talk to your friends, talk to my friends, talk to me
But we are never, ever, ever, ever getting back together
Like, ever
画像9表現
・We are never ever getting back together:もう絶対よりを戻したりしない。neverは「絶対~ない」、everを付けるとそれをさらに強調しています。
発音
・getting:tはフラップT
・to:toは弱く発音されると/ tə /になり、talk to your friends、talk to my friendsのパートでもこの音ですが、talk to meのところは協調の意味を込め/ tuː /の音になっています。
[Verse 2]
I'm really gonna miss you picking fights
And me, falling for it, screaming that I'm right
And you would hide away and find your peace of mind
With some indie record that's much cooler than mine
画像10表現
・pick fights:ケンカをしかけてくる
・fall for ~:〔策略、煽りなど〕~につられる、だまされる
・scream:叫ぶ
・hide away:一人になれる場所に向かう
・peace of mind:心の平穏
発音
・連結が続きます:①for it / fɔː_rit /、②that I'm、tはフラップT、/ðæ_daim /、③hide away / ha_dəwei /、④find your /fain_dʒuər /、⑤peace of /piː_səv /
・with some:thは脱落して/ wi_sʌm /
[Pre-Chorus 2]
Ooh-ooh-ooh-ooh-ooh
You called me up again tonight, but
Ooh-ooh-ooh-ooh-ooh
This time, I'm telling you, I'm telling you
We are never ever getting back together-03 - コピー表現
・call me up:電話をかけてくる
発音
・up again:連結して/ ʌ_pəgein /
[Chorus]
We are never, ever, ever getting back together
We are never, ever, ever (ever) getting back together
You go talk to your friends, talk to my friends, talk to me
(Talk to me)
But we are never, ever, ever, ever getting back together
画像12[Post-Chorus]
Ooh-ooh-ooh-ooh-ooh (yeah)
Ooh-ooh-ooh-ooh-ooh (yeah)
Ooh-ooh-ooh-ooh-ooh (yeah)
Oh-oh-oh
[Bridge]
I used to think that we were forever, ever
And I used to say, "Never say never"
Ugh, so he calls me up and he's like, "I still love you"
And I'm like, "I just- I mean, this is exhausting, you know?
Like, we are never getting back together, like, ever"
画像13表現
・used to think ~:昔は~と思っていた
・used to say ~:昔は~って言ってた
・never say never:neverなんて絶対言わないで、つまり「できないよなんて絶対言わないで」
・exhasusting:ひどく疲れる
発音
・so he calls me:heのhは脱落
・up and he's:andは n だけ弱く発音、heのhも脱落し/ ʌp_niz /みたいな感じです
・and I'm:andのdは脱落、I'mは/ m /が聞こえる程度で/ an_m /みたいな感じです
[Chorus]
We are never, ever, ever getting back together
We are never, ever, ever (ooh) getting back together
You go talk to your friends, talk to my friends, talk to me
But we are never, ever, ever, ever getting back together
We are never ever getting back together-05 - コピー[Outro]
We (ooh-ooh-ooh-ooh-ooh, ooh-ooh-ooh, no)
Getting back together
We (ooh-ooh-ooh-ooh-ooh, oh, oh, yeah)
Getting back together
You go talk to your friends, talk to my friends, talk to me
(Talk to me)
But we are never, ever, ever, ever getting back together
画像15

最後に、西野カナさんもこの曲をカバーしていたので紹介しておきます。英語の発音とても上手です。脱落や連結、フラップTやR音性母音など、発音のポイントをしっかり抑えていてすごいなぁと思いました。


いかがだったでしょうか。
今日も見ていただきありがとうございます。皆さんもぜひカタカナ母音を見ながら歌ってみてくださいね!
コンテンツがおもしろかったらフォローもどうぞよろしくお願いいたします!
こちらもおすすめ
カテゴリー:歌詞シリーズ
嵐 x Turning Up x カタカナ母音
 Taylor Swift x Style x カタカナ母音
Taylor Swift x Shake It Off x カタカナ母音
Taylor Swift x wildest Dreams x カタカナ母音
Taylor Swift x Look What You Made Me Do x カタカナ母音
『25のカタカナ母音が英語の世界を変える』
(中学一年生レベルの単語500を収録)